プロジェクト・セオリー ver 2.0 スタートからゴールまでに必要な全てのプロジェクト技術を完全網羅。移動時間を減らす多拠点・多人数のリモートワーク、会議時間を減らすイシューワーク、複数プロジェクトの同時推進を可能とし、実践で使いながら習得するプロジェクトラーニングに完全対応した総合理論。 0

プロジェクト・セオリー ver 2.0 完全版PDF・無償ダウンロード [各種テンプレートの項目例・ルール例付き]

気軽に使える無料の課題管理表テンプレートがリニューアル。記入例が増えて、使用イメージがより理解しやすくなりました。気をつけたいポイントも書いてありますので、初めて課題管理表を使う方にもおすすめです。
プロジェクトラーニング×TIMESLIST 0

【課題管理ツール:機能と使い方の紹介】プロジェクトラーニング機能&ツールTIPS集 | TIMESLIST(タイムズリスト)

TIMESLIST(タイムズリスト)の登録はこちら! TIMESLIST公式|Twitter facebookページ YouTubeチャンネル   最短距離で目的を達成する、プロジェクト課題...
教えて?ファシリテーター! 0

「長く話し続ける人の発言をうまく区切れない、どうすればいいですか?」教えて?ファシリテーター!

ファシリテーションとは、合意形成を導く行為のこと。会議や話し合いにファシリテーションを取り入れる3つのメリットを、具体的な例を挙げて解説します。
プロジェクトデザイン 0

プロジェクトデザイン:ワークショップ資料の無料公開!

実際に使用している、ワークショップ資料を無料公開します。 第一弾:考える技術 :ロジカルシンキング 第二弾:合意する技術:ファシリテーション 第三弾:期限付き問題解決の技術:プロジェクトマネジメント ...
アクティブラーニングができている状況を作るには、どういう方法が効果的なの?|プロジェクトデザインの実践例

アクティブラーニングができている状況を作るには、どういう方法が効果的なの?|プロジェクトデザインの実践例

2020年から始まる新しい教育もくじ「新学習指導要領(文科省)」を本格的に読み解き、プロジェクトデザインする!(将来:“学ぶ方法”が変わる) 10年ぶりに文科省による学習指導要領がかわり「アクティブラ...
AIやロボットが活躍する未来で、人が「はたらく」姿はどう変わる!?

AIやロボットが活躍する未来で、人が「はたらく」姿はどう変わる!?|プロジェクトデザインの実践例

2020年から始まる新しい教育「新学習指導要領(文科省)」を本格的に読み解き、プロジェクトデザインする!(将来:“はたらく”姿が変わる) 10年ぶりに文科省による学習指導要領がかわり「アクティブラーニ...
プロジェクトデザインの実践例「題材:新学習指導要領 2020年~ (文科省)」|アクティブラーニングが求められる背景にある、本来の“生きる力”とは!?

従来教育の延長にある問題とアクティブラーニングが求められる背景って!?|プロジェクトデザインの実践例

2020年から始まる新しい教育「新学習指導要領(文科省)」を本格的に読み解き、プロジェクトデザインする!(背景:“生きる力”の意味が変わる) 10年ぶりに文科省による学習指導要領がかわり「アクティブラ...
プロジェクトデザインの実践例「題材:新学習指導要領 2020年~ (文科省)」|アクティブラーニングと現行教育との本質的な違いって!? 2

アクティブラーニングと現行教育との本質的な違いって!?|プロジェクトデザインの実践例

2020年から始まる新しい教育「新学習指導要領(文科省)」を本格的に読み解き、プロジェクトデザインする!(“目的とゴール”が変わる) 10年ぶりに文科省による学習指導要領がかわり、「アクティブラーニン...
【課題管理ツール:機能と使い方の紹介】Slackチャット会話 → TIMESLIST課題管理+TO DO/タスク管理・リスク管理の連携とワンクリック投稿 | TIMESLIST(タイムズリスト) 0

【課題管理ツール:機能と使い方の紹介】Slackチャット会話 → TIMESLIST課題管理+TO DO/タスク管理・リスク管理の連携とワンクリック投稿 | TIMESLIST(タイムズリスト)

TIMESLIST(タイムズリスト)の登録はこちら! TIMESLIST公式|Twitter facebookページ YouTubeチャンネル   課題管理で、チームの目的達成を支えるオンラ...
メディアのどっち? ”文春砲”あり or なし by Think! 2050 ワークショップ(ファシリテーション/プロジェクトデザイン)開催レポート(2018.4.10) 0

「文春砲あり or なし」メディアのどっち? by Think! 2050 ワークショップ(ファシリテーション/プロジェクトデザイン)開催レポート(2018.4.10)

メディアのどっち? Think! 2050で生まれた”問い”を共有 Think! 2050 開催レポートでは、当日の対話の中で生まれた”問い”を共有します。学校の問題(問い)のように、事前に用意された...